コンセプト

洗練と伝統が融合する「与野」駅前。寄り添う街は、未来を映す。
多くの人たちを魅了する歴史と先進、そして利便が揃う街に、未来を彩る新しい風景がはじまる。

                 

魅力溢れる「彩」の街に、
あなたを彩るレジデンスの誕生。

過去から未来へ時代を映し、時代が息づく「歴史」。新しい明日を発信しつづけ、人々を魅了してやまない文化が息づく「先進」。さまざまな利便が、快適な生活に息づく優れた「ポテンシャル」。異なる三つの魅力が深く息づき、彩られた街があります。首都圏の中枢機能を担いながら、行政機関を中心としたビジネスや商業施設が集まり、芸術やスポーツなどの新しい文化を先駆ける都市があります。この三つの「彩」と、進化し続ける未来都市「さいたま新都心」に寄り添いながら、さいたま市のほぼ中央に位置する「与野」駅前エリア。池袋へ約25分。都心部へのアクセスに優れ、再開発によって洗練の進化を遂げた街。生活利便と羨望の都市機能も手にするこの場所に、これからの都市生活にふさわしい明日を創造したレジデンス──「ベルドゥムール与野駅前」が誕生します。めざしたのは「この街にふさわしい明日と、スタイルをもった住まいの創造」。どこまでも快適に、いつまでも自分らしくあるために。前に進み続ける先進のステージを舞台に、新しい暮らしを彩るあなただけの風景がはじまります。

 

美しい都市機能を持った、
西口再開発エリア。

与野駅西口周辺の商業経済の中心地として、未来へとめざましい進化を遂げる「さいたま新都心」への南の玄関口として、重要な位置にある「与野」駅西口エリア。与野駅西口土地区画整理事業によって形成された街並みは、地元商店街との協力によって実現した大正ロマン漂う街路灯など、洗練と伝統の景観が美しく融合しています。「与野」駅徒歩3分を舞台とした暮らしは、生活利便が揃った「与野」の魅力と優位性を、存分に享受することができます。

             
Appearance

街並みに調和しながらも主張する、繊細な美意識。

一階部分は、周囲との景観に調和するダークトーンを採用。建物全体は柔らかなベージュの色調を基本に、落ち着いたブラックを直線的に配置することによって、全体の印象を引き締めるコントラストを創り、立体的なリズムとアクセントを生み出します。また、シンプルなトーンの中でモザイク貼りが施されたタイルがそれぞれの色面に繊細な表情を生み出し、自然と存在感のある建物を景観と響き合いさせながら調和させています。

 
Entrance
     
 

ゆっくりと穏やかな時間へと導くエントランスホール。

賑わいから、プライベートな空間へ。エントランスは、この場所に住むことの誇りさえ映し出すような、迎賓の空間を目指しました。それは、外界と住まいとの静かな境界線を創り出すエントランスが、ゆったりとわが家に帰り着いた安心感へと導くことができる存在であること。そして、建物の顔ともいえるエントランスが、その先にある至福の空間にふさわしい品位に満ちた表情であること。エントランスホールへと繋がる空間には、ストライプ状に配置された床面が凛とした奥行きと広がりを演出。厳重なセキュリティに護られていながら、それでいて重々しさを感じさせない透明感を持った空間です。さらに、成熟したおとなの美意識を感じさせる重厚な壁面と、各階のエレベーターホールから各住戸の玄関までの内廊下が、ホテルを思わせる落ち着きと品位に包みながら、この住まいが特別な場所であることを予感させ、それぞれのプライベートタイムへ、一歩、また一歩、ゆっくりと安息の空間へとエスコートします。

 
       
   
 

時代が息づき、次代へ向かう街、さいたま市中央区。

 
[歴史・文化] HISTORY & CULTURE
 

市場の町から芸術の街へ。

埼玉県の県庁所在地・さいたま市は人口120万人の政令指定都市。10行政区のひとつ中央区は旧与野市を中心とした地域で、古くから交通の要衝として知られ、現在も京浜東北線、埼京線が並走し、その間を中山道(国道17号線)が縦走しています。
明治10年代に高崎線、東北線が開通。京浜東北線の開通を機に人口が急増し、昭和60年(1985)に埼京線が開通し、東京都心への利便性がさらに向上しました。
2000年には「さいたま新都心」の街びらきが行われ、さいたまスーパーアリーナ(SSA)、けやきひろば、ラフレさいたまなどがオープン。国際的にも評価の高い彩の国さいたま芸術劇場とともに、これらの施設を活かした芸術・文化を創造発信する街として、スポーツイベントやコンサートで賑わうエネルギッシュで若々しい街として発展を続けています。

彩の国さいたま芸術劇場

 

受け継がれる伝統、色濃く息づく文化。

季節の移ろいを感じるイベント、世界水準の音楽や芸術の祭典に集まる人々。その熱気がこの街のポテンシャルを高めていく。

 

さいたま市花火大会

市内の3会場(大和田公園・大間木公園、岩槻文化公園)に分かれて行われ、7月末の大和田公園がオープニングを飾る。いずれも関東有数の規模を誇る光の祭典で、毎年5,000発前後が打ち上げられる。

Data ◇開催:7月末〜8月中旬
(大和田公園・大間木公園、岩槻文化公園)


十日市

毎年12月10日に武蔵一宮氷川神社の「大湯祭」に合わせて開催される「酉の市」。開運・神徳にあやかる年の瀬の風物詩。縁起物の熊手や食べ物の露店が氷川参道や大宮公園にまで並ぶ。

Data ◇開催:12月10日
(氷川参道〜大宮公園周辺)


与野夏祭り

18世紀の初頭から続く伝統の夏祭り。7月上旬〜中旬に地区ごとに開かれるが、メインは中旬の土日の本町通り周辺地区で、上町・仲町・下町・上峰の4町の御輿が練り歩く。初日は6基が上町氷川神社をそろって出発し、本町通りは夜店で大賑わい。

Data ◇開催:7上旬〜中旬
(本町通り周辺地区)

 
[公共施設・文化施設] PUBLIC & FACILITY
 

”新都心”の名にふさわしい、煌めく都市機能と街角のサプライズ。

歴史と未来、伝統と革新、緑と水など、誰もが共有すべき財産がバラエティ豊かにそろうこの街は、まるで暮らしやすさのモデルタウンのよう。
住めば住むほど、その良さを体感できるはず。

感動と熱狂と興奮に出逢えるハイテク多目的ホール

[さいたまスーパーアリーナ]
「さいたま新都心」駅に直結するさいたまスーパーアリーナは、2005年5月に街びらきが行われたさいたま新都心のランドマーク。世界最大級の可動システムを備えたイベントアリーナで、規模に応じた使い分けが可能となっている。
最大で3万7,000席あるホールはスポーツイベントやコンサート、講演会、展示会や映像撮影など、多目的に使用され、年間来場者数は200万人を超える。太陽光発電システム、雨水利用設備やそれを利用した壁面緑化など、エコシステムも充実。視聴覚障害者に配慮したバリアフリー設計で、地球にも人にも優しい施設となっている。【地図

近未来的な空間に広がる緑の癒しのスペース

[けやきひろば]
さいたま新都心の一角に再現された「空の森」。武蔵野の雑木林をイメージして、220本ものけやきが植えられている。年間を通して季節感のあるイベントが開催されているほか、従来のライトアップとは異なる「光のイマージュ」と名付けられた光の演出が人気。【地図

 

 

[与野公園]【地図

 

1877年に開設された歴史のある緑の公園で、1977年にはバラ園がオープン。児童遊園施設や噴水池、天祖神社(与野七福神の1つ寿老人)も園内にある。

 

花とアートに誘われて
そぞろ歩き

与野本町駅の西側は蔵づくり住宅などが点在するレトロな一角。さいたまの芸術・文化のシンボルで、数々の建築賞を受賞した「彩の国さいたま芸術劇場」、埼玉自然100選にも選ばれた与野公園も近く、芸術と生活文化が凝縮した街歩きが楽しめる。
与野公園は3月下旬〜4月上旬には300本の桜、5月上旬からは110種3,000株のバラが咲き誇る県内有数の名所。第3土・日曜日には華やかな「ばらまつり」が催され、多くの人で賑わいをみせる。

   

さいたま新都心

さいたまスーパーアリーナ

彩の国さいたま芸術劇場

[彩の国さいたま芸術劇場]【地図

演劇・舞台・音楽・映像などのジャンルに合わせた専用ホールを持つ舞台芸術の専門劇場。稽古場や資料室、設備、スタッフの充実度はハイレベルとの定評がある。

           
 
[食・ショッピング] GOURMET & SHOPPING
 
グルメ

地元の恵みをいただく味わい深い街角グルメ

歴史のある風土に培われた骨太の味からトレンドのスイーツまで、地元自慢のグルメも豊富。シエルヴァンメールは自家製天然酵母、国産小麦など素材にこだわるパン屋さん。小さなお店だが、ハード系のパンの種類が数多く揃う。サムシング・トレはカジュアルなイタリアン・ダイニング。豊富なワインと毎日の仕入れで変わる黒板メニューにリピーターが続出している。

 

[シエルヴァンメール]天然酵母パン
中央区鈴谷8-9-10
【地図

 

[サムシング・トレ]イタリア食堂
浦和区上木崎1-9-19 永楽ビル1F
【地図

[シャンソニエ]フレンチ
中央区本町西2-6-6【地図

アートな気分で立ち寄りたいフレンチレストラン。白い壁ととんがり屋根、アールヌーボー調のインテリアがスタイリッシュ。季節感と遊び心あふれる料理にリピーターが続出。全館貸し切りのイベントもOK。

 

探す喜び、手にする驚き、いつも新しい発見に出逢える。
庶民的な街角商店街や大型ショッピングモールで、掘り出し物探してみませんか。

 
■ ファーマーズマーケット

毎月第1日曜日にけやきひろばで開催されるマーケット。産地直送の野菜や果物がズラリと並ぶ。

 
■ コクーン新都心

さいたま新都心駅東側にある大型ショッピングモール。オシャレなカフェやレストラン、こだわりのショップ、居心地のよいシネマコンプレックスなどが、新都心ならではの生活文化を発信中。